ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月20日

ナーゲルスマン監督「マインツにはテクニックのいい攻撃陣がいる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マインツ戦を前にユリアン・ナーゲルスマン監督は、今季から指揮をとるサンドロ・シュヴァルツ監督について「サンドロのことは長いこと知っている。どうマインツがサッカーをしたいのか。まさに彼こそがその代表格だといえるだろう」との見方を示した。

「つまりはアグレッシブにディフェンスして、そして高い位置でプレスをかけてくる。ボール奪取とカウンターをライフラインとしていて、その結果対人戦の数だって多くなってくるんだ」

なお前回のマインツ戦では、前半を1−4で折り返すも、後半71・72分とウートが立て続けにゴールをあげ、さらに84分にはシャライが値千金の同点弾。中立のファンにとってはたまらない試合展開となっている。

「しかし今回の試合では、昨年よりももっと安定した戦いを見せられればと思うよ。ただ後半でみせた精力さは求めていきたいけどね」とナーゲルスマン監督。ただしこの試合ではそのシャライが内転筋の負傷のために欠場、さらにセルゲ・ニャブリも欠場の見通しで、「最近はよくなっているが、しかし今の流れではむしろ週末に狙いを定める感じだ」との見通しを述べた。

またマインツ戦については、街の距離から少し特別さも感じているようで、「ちょっとしたダービーのような部分もあるんじゃないかな」とコメント、マインツの印象については、「オフェンスにいいテクニックをもった選手が揃っているし、とてもテンポが高い」と語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報