ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月05日

ニャブリは来夏の復帰を強調

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


またそのホッフェンハイムに今季いっぱいまでレンタルとなっている、ドイツ代表セルゲ・ニャブリだが、来夏にはバイエルン・ミュンヘンへと戻る考えであることを強調。

「来夏には確実にバイエルンにいくよ」との考えを示した22歳のウィンガーは、「短期間で一気に物事がかわることもあるけど、でもプランとしては来季はバイエルでプレーするよ」と述べ、かつてアーセナルでプレーした経験もあるが「いつかまた、プレミアでやってみたいという希望もあるけどね」とも付け加えている。


さらにマンチェスター・ユナイテッドのフアン・マタが、自身のサラリーの1%を基金『Common Goal』に対して寄付することを発表し、バイエルンのマッツ・フメルスもこの活動に加わることを明らかにしていたが、さらにそのバイエルンからレンタルにて加入しているセルゲ・ニャブリも、この活動に加わることを明らかにした。

「このテーマについては、僕も長い間考えていたんだ。父はアフリカ出身であり、この状況を現地で実際に経験していたからね。いかにすぐに助けが必要であるのかはよくわかっていたし、何かしたかった。そこでこのチャンスがあったということなんだ」