ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月22日

ELブラガ戦で、ワグナーとヒュブナーが欠場へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここのところはバイエルンへの移籍がもっぱらの話題となっているサンドロ・ワグナーだが、木曜日に行われるヨーロッパリーグGL第5戦ブラガ戦では欠場することが明らかとなった。

29才の大型FWは胃腸炎を抱えているとのことで、水曜午前に飛び立つホッフェンハイム一向の中に姿は見受けられていない。ちなみに前回の対戦ではそのワグナーがゴールを決めるも、ホッフェンハイムは全く不必要な形で1ー2と相手に勝利を献上している。

さらにワグナーとともに、ユリアン・ナーゲルスマン監督は、ベンヤミン・ヒュブナーも欠いてこの試合に臨むこととなった。センターバックとして守備を支えている同選手だが、膝に問題を抱えており、そのため長期離脱から復調し、最近アピールを行なっているアクポグマが引き続き出場機会を得ることになるだろう。

また前回のブラガ戦にて膝の前十字靭帯に負傷を抱えた、CBエルミン・ビチャクチッチの方はすでに回復を果たした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報