ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月09日

ELでプロ初得点をあげたオクス

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


公式戦26試合目にして遂に、フィリップ・オクスがトップチームで初得点を記録した。ELルドゴレツ戦にて先制ゴールを決めた20才のFWは、「随分と時間がかかってしまったけど、でもゴールへと吸い込まれていく瞬間、そして喜びを爆発させていいというフィーリングは素晴らしいものだったね」と喜びを見せている。

「今日は楽しかったよ。また先発させてもらえたし、もちろんそのなかで得点を決められたのだから、それ以上のことなんてなかなかないことさ。特にヨーロッパリーグでは多くの人たちにも見られているし。ただブンデスでのゴールだって特別なものだけどね」

さらにこの試合では2−0とするチャンスもあったのだが、「膝に打撲を受けていて、思いっきりスプリントをしようとしたんだけど、でもそれができなかったんだ。膝ははれていたよ。ただひどい怪我ではないけどね」と言葉を続けている。果たしてこの経験が、この期待の若手選手にどういった影響を与えていくことになるのだろうか?


  • ブンデスリーガ・各チーム情報