ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月18日

ホッフェンハイム、ケヴィン・アクポグマとさらに2年間延長

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TSGホッフェンハイムは月曜、2019年までとなっていたケヴィン・アクポグマとの契約を、一足早く2021年まで延長したことを発表した。

昨季4月にレンタル移籍していた2部デュッセルドルフにて、相手選手との対人戦で背中に重傷を負った同選手。「またサッカーができるかもわからない状況で、人生観が変わった」という22才の若手CBは、「本来3・4ヶ月かかるところを、3ヶ月で骨が安定したんだ」という驚異の回復をみせて早期復帰。

そして今シーズンはそのホッフェンハイムでブレイクを果たしており、第9節のヴォルフスブルク戦で途中出場して以降、ここまで1試合ののぞき全てに出場し、おそのうち5試合でフル出場を果たしている。(1アシスト)

「僕にとってホッフェンハイムは、ブンデスリーガーとなるために成長する環境として完璧なクラブなんだ。若い選手にチャンスを与え、そして育成してくれるからね。」と延長した理由について語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報