ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月02日

ナーゲルスマン監督「これから重要な時期に入る」

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バイエルン、そしてレヴァークーゼン戦を終え、ユリアン・ナーゲルスマン監督は「後半戦第4試合目だ。決してシーズンを左右するような時期にあるのではない。それは選手たちにも伝えていることだ。二つの大きな障害がおわり、これから重要な時期へと入る。ぜひここでうまくやっていきたいものだね。と語った。

なお今回の相手ヘルタ・ベルリン戦については、「昨年はベルリンはでいい戦いをしているし、成功を収めることができた。またそうなるように頑張っていきたい。前半戦では少し運がなく1−1で終わってしまった。あのときは勝利できたと思う。」とコメント。

「彼らの戦いを予想するのは難しいね。彼らはとても大きな違いも見せてくるから。とても高い位置に構えて守ってきたり、逆にとても深く構えてきたり。前半戦での彼らは非常に深い位置に下がっていた。ただそれでもスペースは見いだせてはいたがね。もっとうまくやらないといけないし、チームとしての一体感が増してきているからうまく打開策を見いだせることを期待している。」と述べている。

「ヘルタはホーム戦では比較的オープンな戦いを望む傾向にはある。ただそれを90分間ずっとつづけるかは別の話としてね、前半戦での戦いよりは多いのではないか。それに最近うちがうまくいっていないことも、彼らにとってはやってやろうという気にさせるかもしれないね」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報