ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月14日

ホッフェンハイムのローゼン氏、W杯で活躍した選手をみても「うちには高すぎる」

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今晩からいよいよ幕が開けるロシア・ワールドカップ。移籍市場という観点からみれば、絶好タイミングで行われる見本市という見方もできるが、中堅クラブであるホッフェンハイムのようなクラブにとっては、決してそうとばかりもいえないようだ。

「新たなハメスや、その類のスター選手が生まれるかもしれないがね。しかし、我々のようなレベルでは、決してそれは意義のあるものと呼べるものではないんだよ」と指摘、CL出場の臨時収入がある中でも、ホッフェンハイムにとっては高額すぎるとの考えを示した。

すでにホッフェンハイムでは、ベルフォディル、ブレネット、ビッテンコート、そしてグリフォらの獲得に成功しており、今夏はプレミアが前倒しで移籍市場を迎えていることから「獲得のチャンスが生まれる選手もでてくるかもしれない」が、「基本的には我々は、あまり遅い時期に選手を獲得することは考えていない」と強調している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報