ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月10日

昨季はフィジカル面で苦しんだアミリ「もっといたわらないと」

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ナディーム・アミリは、ピッチ上で特別な力を発揮することができる。そういった類の選手だ。しかし昨シーズンはそれをコンスタントに発揮することができなかった。その理由はフィジカル面にもあったという。

「練習で限界まで力を出し尽くすこと。成長のためにはそれが必要なんだ」と考えるアミリは、後半戦からはヨガも取り入れている。「あれは良い感じだね」しかし「早めに治療を行うべきだったかもしれない」と振り返るのが、左足にできた浮腫だ。「痛み止めで全てが解決するわけではないんだ。こういった経験をちゃんと活かさないと」

これまでにもアミリは、例えばU21欧州選手権で夏季休暇が遅れながらも、他の選手と同じ時期に練習に参加してきた。「今なら、最後まできっちりと休みをとることだろうね」と同選手。

なお2019年には再びU21欧州選手権の舞台が待っており、「ぜひ参加したい」と意気込む21才は、「これから楽しみな1年が待っていると思う。夢見たチャンピオンズリーグの舞台も待っているし」と言葉を続け、そのためにも「もっと効果的にならないと」と得点に絡むプレーの改善を課題としてあげた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報