ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月01日

W杯からCLへ、激しい定位置争いに臨むツーバー

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 CMF、トップ、そしてアウトサイドでもプレー可能なシュテフェン・ツーバー。オーストリアで行われているトレーニングキャンプではあえて苦手の左でシュート練習に勤しむなど、まさにプロとしての姿勢で臨む姿を見せている。

 ホッフェンハイムで過ごした4年間で一回り大きく成長したスイス代表は、今夏に行われたワールドカップでも出場を果たして、ブラジル戦では頭でゴールネットを揺らすことにも成功。キャリア最大のハイライトとなったのだろうか?「タイトルを取っていればね」と語った同選手は、「いい思い出だけどベストではないな」と言葉を続けた。

 これからはワールドカップの舞台から、チャンピオンズリーグの戦いがまつホッフェンハイムでの定位置争いに臨むことになる。MFでは今夏にビッテンコートとグリフォが加入し、デミルバイ、アミリ、ジュリといったライバルたちが控えているところだ。「もちろん選手層が厚いことは認めないと」とツーバー。

 「もちろんCLで出場したいし、ホッフェンハイムでの自分の立ち位置も理解している。ここにはとても感謝しているし、僕がこのクラブをどれほど愛しているからプレーを見てもらえればわかると思うよ」とコメント。ただワールドカップでのアピールにより、今夏の移籍市場については「サッカーというのは、残留宣言をするのはなかなか難しいものがあるよ」と述べるにとどまった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報