ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月09日

ドイツU21代表フィリップ・オクスがデンマークに武者修行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerでは水曜日に既にパトリック・オクスのレンタル移籍が迫っていることをお伝えしていたが、それが木曜日に正式にクラブ側より発表がなされた。デンマーク1部オールボーへ1年間の期限付きで加入。

 これまでホッフェンハイムでブンデス1部18試合に出場してきたドイツU21代表FWは、今冬から半年にわたって2部ボーフムへとレンタル移籍していた。

 「今回のレンタルでフィリップは、とても高いレベルのなかでもまれ、そして重要な経験値を得ることができるだろう」と、アクレサンダー・ローゼンSDはコメント。

 なお今回のレンタルに際しては、契約を今季まで残していた左利きの点取り屋との契約を2020年まで延長したことも明らかとなっている。

 ローゼン氏は「我々はこの手法で幾度となく良い経験をしてきた。最近ではアクポグマが、レンタルから戻ってチームの主力にまで上り詰めたよね」と強調した。

 その一方でそのアクポグマの影響もあって、出場機会の確保が非常に厳しい状況に追い込まれているのが、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のベテランCBエルミン・ビチャクチッチだ。

 同選手に対しては複数のクラブからの関心がよせられており、そのなかの1つは2部に降格したハンブルガーSVだったのだが、しかしながらこちらについては移籍金額で折り合いがつかずに争奪戦から脱落したようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報