ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月10日

ホッフェンハイム、カデラベクとの契約を2023年まで延長

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2021年までの契約を残していたパヴェル・カデラベクが、TSGホッフェンハイムとの契約を2023年まで延長したことが金曜日に発表された。アレクサンダー・ローゼンSDは「パヴェルはうちで見事な成長を遂げており、海外からも注目を浴びる存在になった」と評価。「そういった選手との延長は、このクラブがもつステータスの高さをうかがわせるというものだよ」と胸を張っている。

 2015年にスパルタ・プラハからホッフェンハイムへと加入した同選手は、これまでブンデス1部通算79試合に出場。すでに昨夏には2021年までの契約を結んでおり、「この数年間というものは僕のキャリアにとってとても重要な意味をもつ。世界最高のリーグの1つでやり通してきたんだ。それにELやこれからCLの舞台にも立てる。大きなステップアップだよ」と喜びをみせた。

 「確かにたくさんのオファーをもらったし、いくつかのオプションについては信頼のおける人たちと話し合いもした。それはそれで重要なことだと思っている。でも僕の中では比較的はやく決断は下されていたよ。この成功の道のりは、まだまだ終わりには来ていないとね」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報