ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月03日

負傷のビチャクチッチ、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表で検査し欠場へ

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたSCフライブルク戦では、前半のうちにセンターバック3人が負傷により交代を余儀なくされるという事態に見舞われたTSGホッフェンハイム。そのなかでカシム・ヌフ(靭帯とくるぶしの負傷)とケヴィン・アクポグマ(眼窩骨折と脳しんとう)については長期の離脱の危険にあるなか、エルミン・ビチャクチッチについては打撲のために代表戦開けでの復帰が見込まれているところだ。

 そんななかでビチャクチッチは、招集を受けていたボスニア・ヘルツェゴビナ代表のチームドクターの検査を受けるために、母国の首都サラエボへと飛んでおり、そして検査を受けた結果改めて「ビチャクチッチを計算にいれることはできない」との発表が、プロシネツキ監督より行われている。

 これから再びビチャクチッチはホッフェンハイムへと戻り、そこで治療を受けながら代表戦開けに行われる次節での出場にむけて、調整を行なって行くとのこと。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報