ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月16日

出場機会に喜びを見せるムルトハウプ

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1455553422


「監督から突然呼ばれて、ウォーミングアップをすることになったんだ。もちろんびっくりしたよ」と振り返ったモリッツ・ムルトハウプ。前半22分にレッキーが腱に打撲を受けたために、19歳になったばかりの元シャルカーは出場のチャンスを得ることとなった。


「もちろんプレーする機会がきたのはとても嬉しいよ」そう見せた同選手だが、しかし0−2での敗戦に「残念ながら、良いアウェイ戦での戦いを見せられたわけではないけどね」ともコメント。


前半戦では膝蓋腱の炎症に悩まされたがすでに回復、第16節のバイエルン戦でブンデス初先発を果たしており、「コンディション的には取り戻したし、いい感覚を覚えているよ。上昇傾向にあるね」と明るい表情をみせた。


なお昇格組インゴルシュタットにとって、週末には重要な15位ブレーメン戦が待っているところだが、昨夏に移籍金50万ユーロで加入したムルトハウプは「とても重要な試合だ。ヴォルフスブルク戦とはまったく違うインゴルシュタットを見せたい」と述べ、「後半戦ホーム3連勝を決めたいね」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報