ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月25日

なかなか復調しきれないスットナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1456326648

1ヶ月前にチーム練習に参加した時には、楽観的な雰囲気が漂っていたマルクス・スットナー。だがアウグスブルク戦とヴォルフスブルク戦でメンバー入りするも出場機会はなく、前節のブレーメン戦では大腿筋の問題により、離脱を余儀なくされた。


「足にはもう問題はない」という28歳の左SBだが、「でも大腿筋が負担になれなくてはいけない」とも明かしている。


昨夏にオーストリア・ウィーンから加入した同選手は、今季出場した12試合中11試合で先発出場。しかし第13節のダルムシュタット戦で中足を骨折。長期離脱に入った。


またアルフレッド・モラレスも内転筋の負傷のために離脱、マックス・クリスチャンセンの方は、背中の問題から回復してメンバー復帰を果たす見込みだ。