Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月26日

ハーゼンヒュットル監督「伝えるのは辛い」

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fci8-1456409951

「金曜日だな。毎回この時ばかりは心が痛むよ。土曜日の試合で、メンバー入りするかどうかを選手に通達する。彼らにとっては人生がかかったことだ」と漏らしたラルフ・ハーゼンヒュットル監督。


例えばヒンターゼーアにとっては、今夏開催のユーロ2016へオーストリア代表として出場できるかがかかるが、「ただそのことを考慮するようなことは、私にはできないよ」と語った。


またこれから1週間で3試合を行うところだが、「まずはどういう出だしができるか。早いうちに勝ち点を得られれば良いね」と指揮官はコメント、ハンブルク戦については「まさに順位を争うクラブとの直接対決だよ」との見方を示し、オフェンス面では苦しいシーズンが続くが、「うちのFWたちだって得点できる。ただ私が採用しているシステムが、FWにとっては、得点のためにはあまりに難しいものなんだ」と擁護している。


「彼らのことは評価しているよ。誰を起用しても全力を尽くしてくれる。ただあまり得点という形では報われてはいないがね。ただ退屈なサッカーかもしれないが、34得点とったって下にいるクラブもある。そういうところは、我々と立場を入れ替えたいと思っていることだろう」


なお今冬にはクラブ史上最高額でレスカノを獲得しており、ここまでの印象については「いい買い物」との考えを述べた。




先発予想

エズカン – ダ・コスタ, マティプ, ヒュブナー, バウアー – ロジャー – グロース, コーエン – ハルトマン, レスカーノ, レッキー


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker