Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月23日

渡辺凌磨ら若手7選手が、トップチームの練習に参加

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hasen800-1458670330

エズカン、スットナー、ヒンターゼーア(オーストリア)、マティプ(カメルーン)、レッキー(オーストラリア)、レスカノ(パラグアイ)、ナイランド(ノルウェー)、コーエン(イスラエル)、バウアー(U20)、クリスチャンセン(U21)と、過去最大となる10選手が代表参加で不在のインゴルシュタット。


そのためラルフ・ハーゼンヒュットル監督は今週、U19からレオン・フィッシュハバー、マキシミリアン・タルハマー、ダリウス・ヤリヌス、マリン・ポングラチッチを、U23からフロリアン・シュヴァイガー、サミー・アマリ、そして渡辺凌磨をトップチームの練習に参加させているところだ。


ただし今週は本日水曜と、明日木曜に練習を行ったのちは、インゴルシュタットは3日間の休養を予定。


昨年9月にインゴルシュタットU23に加入した渡辺凌磨は、デビュー戦となった第10節ライン/レフ戦にていきなりゴール。第16節のニュルンベルクU23戦までは1試合のみの先発だったが、それ以降は出場した8試合すべてで先発出場(フル出場4試合)。4部相当のレギオナルリーガにて、これまで2得点、2アシストをマークしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker