ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月29日

マティプ、コーエンが代表復帰、レスカノは2得点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FC Ingolstadt v 1. FC Koeln - Bundesliga

約3年前にカメルーン代表デビューを果たしたマルヴィン・マティプが、その時以来となる代表復帰を果たした。インゴルシュタットのキャプテンは、土曜日の行われた南アフリカ戦で13分間出場。試合は2ー2と痛み分けに終わっている。


さらにインゴルシュタットでは、若手マックス・クリスチャンセンが、フェロー諸島戦においてドイツU21代表デビュー。


またパラグアイ代表に参加中のダリオ・レスカノは、エクアドル戦で2得点をあげる活躍をみせ、こちらも2-2の痛み分けに終わった。


なお約4年ぶりにイスラエル代表に復帰したアルモグ・コーエンも、クロアチア代表戦で後半から途中出場を果たしている。