ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月20日

ハーゼンヒュットル監督「決断に3ヶ月はかからない」

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hasen800-1461081253

「僕の1日は24時間しかないし、私の優先事項は、チームを次の試合に向けてしっかりと準備させていくことだ」


週末のハノーファー戦に向けてそう語ったラルフ・ハーゼンヒュットル監督。だがその一方で先週は、2部ライプツツィヒのラルフ・ラングニック監督兼SDとの話し合いが伝えられた。


果たして来季はライプツィヒで指揮を執ることになるのか?同監督は「誰もが状況については理解しているだろう。3ヶ月以上かかるということはないさ」とコメント。


監督の去就問題で揺れることは「プロスポーツの世界で、決して珍しいことではない」との見方を示し、「よくファンやマティプやグロースとも話し合いをするが、常にサッカーのことや次の試合のことだ。個人的な未来のことではないよ」と強調している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報