ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月10日

11得点目を決めたハルトマン「残留はセンセーショナルだ」

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 Bundesliga Fußball FC Ingolstadt 04 FC Bayern München Moritz Hartmann 9 FCI 1 BL FC

クラブ史上初となる1部昇格を果たしたチームの中で、ここまで11得点をマークしてきたモリッツ・ハルトマン。その11点目はドイツ代表マヌエル・ノイアーから決めたPKとなったが、29歳のFWは「誰が立っていても大して関係ないよ。誰が相手でも蹴るだけさ」と語った。


これで今シーズンに蹴ったPK7本、全てを沈めて見せたオーストリア代表。そしてチームは昇格組ながら早々に残留を確定しており、「少なくともセンセーショナルとは言えるさ。信じられないことだよね。誰もが最終節までもつれこむとおもっていたよ」と喜びのコメント。


ただし来季からハーゼンヒュットル監督は1部昇格を果たしたライプツィヒへと移籍するが、それでも同選手はPKのキッカーについて「新指揮官もちゃんと見てくれたと思うよ」と自信を示している。