Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月05日

1部残留に胸を張るエズカン

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ramazan Özcan Ingolstadt klärt SV Darmstadt 98 vs FC Ingolstadt Stadion am Boellenfalltor

開幕前にノルウェー代表ナイランドを獲得し、厳しい定位置争いを強いられた31歳のラマザン・エズカン。だが最終的に先発の座を確保することに成功し、「ハードに取り組んできた結果だ。ブンデスで良いGKの一人として数えられるなら誇りだ」と胸を張った。


今季最終戦となるバイエルン戦では、ブンデス1部残留をファンとともに祝うことになり、エズカンは「キャリアの中でも特に素晴らしいことだ。みんなダルムシュタットと一緒に降格するだろうと思っていただろうけど、互いのために皆、ハードにプレーしてきた」とコメント。


その一方でハーゼンヒュットル監督は、来季からライプツィヒにて指揮をとるが、このことについては「残って欲しかったし、悲しいことだけど、でもみんながこれをうけいれているよ」と語っている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker