ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月15日

エズカンがレバークーゼン移籍か

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FC Ingolstadt - FC Schalke 04

今シーズン限りでラルフ・ハーゼンヒュットル監督、そして後半戦に主力を務めたユース代表SBダニー・ダ・コスタを失うインゴルシュタットだが、さらに守護神ラマザン・エズカンも失うことになるかもしれない。


ブンデス1部昇格を果たした今シーズン、インゴルシュタットはノルウェー代表GKナイランドを獲得し、厳しい定位置争いを強いられた31歳のベテランGK。しかしシーズンの間で先発の座を確保すると、その年の12月には今季までとなっていた契約を2019年まで延長した。


だがそれでもここのところはナイランドがゴールを守る機会が増え、エズカンはこれを快く思っていない模様。そんな中、来季もCLに出場するレバークーゼンが関心を示しており、最終節ではマネージャーのボルト氏とリンケSDが交渉、合意に至る可能性もありそうだ。


今季28試合に出場したオーストリア代表GKは、kicker採点平均2.93をマークしている。