ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月17日

インゴルシュタット、ヒュブナーの穴埋めにヴァール

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

クラブ史上初となる1部昇格を果たし、昨シーズンでは見事1部残留を達成したインゴルシュタット。しかし守備を支えたCBブルーノ・ヒュブナーがホッフェンハイム移籍を決断し、その穴埋めに注目される結果となったのだが、木曜日にリンケSDはハウケ・ヴァールを獲得したことを発表した。


3部キールで2シーズンを過ごした後、2部パダーボルンにて29試合に出場した22歳について、同氏は「ポテンシャルをもった将来性のあるCBで、若い選手だがこれまで所属したクラブでリーダーシップを発揮し、貴重な経験を培ってきた」と評価。


一方のヴァールは「3部、2部ときた僕にとって、今回のブンデス1部でのプレーは大きなチャンスだ。ここでも通用するところをみせたい」と意気込みを語り、さらにこのエリアの出身ということから「バイエルンのメンタリティをしっている。チームの快進撃に貢献していきたい」と述べている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報