ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月31日

オフェンスの改善を図りたいカウチンスキ監督

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1469868760

先日行われたハダースフィールドとのテストマッチでは、相手のゴールを破ることができずに、0−1で敗戦したインゴルシュタット。それでも指揮官は「競争力のあるチームを相手にいいテストを行えた。一歩前進した」と振り返っており、確かに失点を喫した場面は数的不利、しかも多くの選手交代を行った後ではあった。


その一方で、カウチンスキ監督はこれからオフェンス面での改善をはかりたいとも考えており「最前線のところに関しては、多くの場面で間延びしていたところがあった。そのあたりのところを改善し、もっと早くプレーして、状況に早く対処したい」と説明。


だが移籍市場ではインゴルシュタットは、守備面での補強を目指しており、ライプツィヒからアンソニー・ユング獲得間近とも。このことについてカウチンスキ監督は「多くのいい選手がいて、彼もその一人」と述べ、「ただ名前についてはコメントしないよ。我々としては即戦力かつうちのマッチした選手を獲得したいと考えているところだ」と述べるにとどまっている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報