ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月06日

3部から1年で1部に飛躍したヴァール「我慢も必要」

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

firo : 13.08.2016 Fußball: 1.Bundesliga Testspiel FC Ingolstadt - Werder Bremen

2部ニュルンベルクとのテストマッチでの敗戦後に「もっとアピールを意気込んでいた選手もいただろうが」と失望感を見せたカウチンスキ監督。その中の選手の一人が、ハウケ・ヴァールだ。先日の開幕戦の相手ハンブルクはまさに同選手のホームタウンであり、試合の前日には家族が、当日には友人らが見守るなかでブンデス1部のスタジアムに立った。だが出場機会は最後まで訪れてはおらず、「確かに失望は感じたけど、でもすぐに気持ちを切り替えた」と同選手。「はじめのうちは我慢も必要さ。チャンスのために全力を尽くすよ」と意気込みを見せている。


だがそのインゴルシュタットは、移籍期限終盤にクラブ史上最高額でティスランドを獲得。強力なライバルも出現した。それでも22歳のDFは「これもビジネスだ」と割り切っており、「僕は1年前には3部にいた選手なんだ。現状はそんなに大げさには考えてはいないよ」とコメント。「確かにここのCBのスタイルにはなれる必要があったけど、それはここまでで大分良くなっているし、僕はもっと成長できる」との考えを示し、開幕戦で起用されなかった際には監督から直接説明があったことも明かした。


なおU21代表に参加していたマックス・クリスチャンセンが、オリンピックでの疲れも考慮して一足早く、クラブに復帰する。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報