Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月08日

再び長旅から戻ってきたティスランド

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1473245675
今夏の移籍市場終盤で、クラブ市場最高額となる350万ユーロでモナコから獲得した、マルセル・ティスランド。契約を交わす際、参加していたコンゴ代表から一時離脱して契約書にサインしていたのだが、2度目のインゴルシュタット訪問となった今回も、長旅の疲れを浮かべつつの登場となった。

「気分はいいけどね。でもちょっと疲れがあるかな」

今回はパリを経由して、水曜朝6時にミュンヘンへと到着した同選手は、午前中はチームメイトらとはじめての練習を実施。しかし練習時間の少なさと疲労も考慮すると、週末のベルリン戦で先発することはおそらくないだろう。

これからのブンデスの戦いに向けて「どんどん勉強していかないと」と貪欲な姿勢をみせた190cmの若手CBは、プレミアからのオファーがありながらも敢えて昨季の昇格組インゴルシュタット移籍を決断しているのだが、「ここが正しいステップだと想う。長くチームメイトだった仲間からの祝福されたよ」とコメント。

チームの立ち位置もしっかりと理解しており、「昨季のブンデスをチェックしている。僕たちは今シーズンも1部残留のために戦うんだ」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker