Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月08日

インゴルシュタットの監督候補は「複数名いる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミヒャエル・ヘンケ

ミヒャエル・ヘンケ



週末にマルクス・カウチンスキ氏の解任へと踏み切ったインゴルシュタット。まずは暫定監督がチームの指揮を執ることになるが、その候補となるのは、ラルフ・ハーゼンヒュットル前監督時代からアシスタントをつとめるミヒャエル・ヘンケ氏と、U23で監督を務めるシュテファン・ライトル氏だ。

ただいずれにせよあくまでの暫定監督となると見られ、ゲルトナー代表は「当然何人かの候補者はいる。ブンデスを知り、何をすべきかをわかっている人物であり、そしてこの厳しいタスクに立ち向かう意欲を持ち合わせた人物だ」と語った。

現在となるのは、元バーゼル指揮官ムラト・ヤキン氏や、元ハノーファーのミルコ・スロムカ氏、そして先日シュトゥットガルトを退団したヨス・ルフカイ氏といったところだろう。

確かにインゴルシュタットは、開幕から10試合で勝ち点2と厳しい状況にある。だが入れ替え戦となる16位までの勝ち点差はわずかに5と、残り24試合を思えば決して遠くはない数字だ。

なお週末のアウグスブルク戦で、89分に相手MFコールにエルボーを見舞ったとして、退場処分を受けていたトビアス・レヴェルスだが、DFBスポーツ裁判所は2試合の出場停止処分を言い渡している、でにクラブ側もこれを了承。これにより代表戦開けのダルムシュタット戦、そしてつづくヴォルフスブルク戦も欠場することとなった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker