Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月13日

リンケSD、ヴァルプルギス氏への期待感を強調

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

linke800-1479043774
今夏にハーゼンヒュットル監督が移籍したインゴルシュタットは、2シーズン前にカールスルーエを1部昇格目前にまで導いたマルクス・カウチンスキ監督を招聘。しかし成績不振から第10節で解任へと踏切り、元シャルケのブライテンライター氏や元ヘルタのルフカイ氏らと交渉。破談に終わったことが伝えられた。

そして最終的に招聘へと踏み切ったのは、あまり名前の知られていない43歳のマイク・ヴァルプルギス氏。しかしリンケSDは「我々はこのクラブらしく独自の道を歩み続けたいと思う。周囲がどう思おうがその影響はうけない」とコメント。

ヴァルプルギス監督について、改めて「彼の内面性そして彼のスタイルが我々にとってベストにマッチすると判断した。彼は強い確信をもって仕事に利組んでいるし、野心的な男だよ」と評している。

確かに「ブンデス10試合を消化して勝ち点2からの残留を果たした実績はない」現状だが、それでも入れ替え戦圏内までは勝ち点5と十分に射程圏内にあり、「ブンデス初の快挙を成し遂げるチャンスは大きいと見ている」と自信をのぞかせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker