Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月15日

ヴァルプルギス監督が最初の練習を実施

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


真冬の気温の中、マイク・ヴァルプルギス新監督が最初の練習を執り行った。

「まだこれからという感じではあるけど、練習は素晴らしかったよ」と振り返った同氏は、「選手達は最初から非常に頭をクリアにして臨んでいたよ。そして練習に非常に集中していたね」と言葉を続けている。

今後の流れについては、「これからの練習で、チームにプレーに対する考えを植え付けていきたい」との見方を示し、「選手達の気持ちを楽にしてプレーさせてあげたい。確かにここのところは成功に見放されているが、サッカーを楽しんでもらいたいと思うよ。ある意味でゼロからのスタートだが、そこには大きなチャンスもある」と意気込みを見せた。

今回の練習には14選手が参加。その中には負傷を抱えていた主将マティプや、代表から早期に戻ってきたレスカノ、ニュランの姿も。しかしその一方で代表参加中の5人に加え、ロマン・ブレジェリーはふくらはぎの負傷で練習参加を見合わせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker