Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月24日

ヴァルプルギス「歴史を記したい」

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

walpurgis8-1479998643
先日インゴルシュタットの監督に就任し、そして初戦のダルムシュタット戦で見事デビュー戦を勝利で飾ったマイク・ヴァルプルギス監督。kickerとのインタビューの中で「クラブ関係者の全てが、新しい歴史を記したいと思っている。開幕から10試合で勝ち点2からの残留劇をね。」と意気込みを見せた。

その理由として、「このチームには勇気、気持ちの強さ、プレーのクオリティ、そして体調面でも特に問題はない。いい結果を出すために要因は揃っているよ」と指揮官。

「ブンデスはとてもレベルの高いリーグだということはわかっているし、うまくことが運ばなくてはならないこともわかっている。しかしそれをできないと思う理由もないんだ」と言葉を続けている。

なお大腿筋に問題を抱えていたマルクス・スットナーについては、「彼はいけると思う」とコメント。

また前節ではGKをニュランからハンセンへと入れ替えたが、「うちには二人の素晴らしいGKがいるし、ほんのわずかな差でハンセンが抜け出している」と語るヴァルプルギス監督は、「先日はいいプレーを見せてくれたし、あえて今回入れ替える理由はないよ」と指摘。「ただ接戦だ。これから数週間どうなっていくかチェックしていく。これだけのクオリティがそろっているこのポジションはうれしく思うよ」と喜びを示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker