Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月28日

度重なるチャンスを逃すも前をむくインゴルシュタット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fci8-1480344214
チャンスに次ぐチャンスを掴みながらも、あと1点を決めきれずに、インゴルシュタットはヴォルフスブルク戦で勝ち点1にとどまる結果となった。

しかしそれでもマイク・ヴァルプルギス監督は「私はネガティブなことにとらわれないよ、こんなに素晴らしい試合をしたというのに」とコメント。

マルクス・スットナーも「僕たちはここ2試合で無敗なんだ。順調だよ。開幕から10試合ではあまりにチャンスを作れていなかったしね。その点でも改善はみられるさ」と胸を張った。

しかしチャンスでの決定率でみれば16.1%であり、ブンデス18クラブ中最下位に転じている。

ただそれでも「危険なところに顔を出せているのはポジティブなシグナルさ」とマテュー・レッキー。ポストに3回阻まれるなど不運もあり、「確かに苛立ちはしたけど気にしてもね。今のプレー自体はポジティブなんだから」と前を向いた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker