Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月30日

相性のいいブレーメン戦に臨むインゴルシュタット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fci8-1480501417
ブレーメンとの重要な下位直接対決が控えるインゴルシュタット。しかし昨シーズンの対戦では2戦2勝という相性のいい相手でもあり、加えて昨季前半戦での勝利のときには、昇格組ながらアウェイ3連勝というブンデス記録も味わったいい思い出もある相手だ。

リンケSDは「力の差はそんなにない。ただブレーメンは最近、ホームでは特に強さを見せているね」とコメント。「ピサーロ、クルーゼ、そしてニャブリといった素晴らしいメンツがオフェンスに揃っている」と警戒心を示した。

なおそのブレーメン戦で以前にPKを成功したモリッツ・ハルトマンだが、ポカールや先日のヴォルフスブルク戦でもPKを外しており、今回もキッカーを務めるかどうかはまだわからない。

その一方でインゴルシュタットではオプションが揃ってきており、右SBとCBを務めるベテランのトビアス・レヴェルスや、CBのロマン・ブレジェリーらが復帰。就任以来2試合で勝ち点4と、一気に起動に戻したヴァルプルギス監督は、万全の状態で今回の試合に臨めそうだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker