ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月18日

ヴァルプーギス監督「キッテルはネガティブ思考」

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4045
今節対戦するフランクフルトは、昨夏まで在籍していたソニー・キッテルにとっては、まさに古巣との一戦だ。しかしながら移籍前から靭帯の断裂を抱え、長期離脱を余儀なくされた若き攻撃的MFは、復調を果たすも最近ではバイエルン戦でメンバーから外れる措置をとられている。

ヴァルプーギス監督は「ネガティブ思考や自己批判が強くてね。それはパフォーマンスを発揮する助けとはならないよ。うちではしっかりと確信をもってプレーしてもらう必要がある」と説明。

「ポジティブなエネルギーを放出しないと。彼にはこのチームの助けとなる力があるのだから」と言葉を続けた。

一方のキッテルも「準備はできているし、監督が求めていることを実践しないと」とコメント。「自己批判が強すぎた傾向もあっただろうね。今回は故郷での試合だし、とても楽しみさ。もっと力を出せるようになると思うよ」と意気込みを示している。

しかしながらそれでも、いきなり先発に名を連ねることがあるとするならば、やはりそれはサプライズ起用だといえるだろう。

キッテルは第10節からここまで6試合に出場、すべてが終盤からの途中起用となっているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報