ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月18日

最後の別れに臨むインゴルシュタット

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fci8-1495035143


ブンデス1部への奇跡の残留に一縷の望みをかけ、シーズン終盤まで奮闘をみせてきたインゴルシュタット。

前節の試合終了時には、16位のハンブルクがシャルケに敗戦したことが伝えられ最終節に望みがつながったものの、しかしその直後にガイスが蹴ったCKがエンドラインを割っていたことが判明。

シャルケのゴールは無効となり、その瞬間インゴルシュタットの2部降格が決定してしまった。

そのため今回の試合では、インゴルシュタットは最後のホーム戦で、ファンにいい形で別れを告げることを目標とすることになる。

特に今季限りで母国ブラジルへと戻ることになっているロジャーにとっては、インゴルシュタットの選手としてまさに別れの舞台だ。

そのほかにも今季役割を得られなかったアンソニー・ユングも、レンタル契約切れのために退団する可能性もあるのだが、しかしながらオーストリア代表スットナーの動向次第では、一転しての残留というシナリオもあるかもしれない。

ただそのためには本来の所属先であるライプツィヒとの契約の問題があり、確かにインゴルシュタットは買い取りオプションを有してはいるものの、2部に降格するなかでそれを支払いきれるはずもなく、話し合い次第ということになるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報