ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月29日

インゴルシュタット2部降格も、コーチ陣はそのまま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

henke-1496053533
2部降格を喫したインゴルシュタットだが、しかし昇格を目指す来シーズンも引き続き、同じコーチ陣で臨むことを決断した。今季途中から指揮をとるマイク・ヴァルプーギス監督につづき、ミヒャエル・ヘンケ、オヴィド・ハジョウ両ACも来季の契約を手にしている。

4月はじめには、1週間の3試合で3連勝、降格寸前とみられていたチームが再び息を吹き返し、奇跡の残留にむけて勢いを増してきたのだが、時すでにおそし。インゴルシュタットは最終節を前にして、2部降格が決定してしまった。

たしかにその努力がチームとして報われることはなかったのだが、しかしコーチ陣は新たな契約を手にしており、昨年11月から就任して以降、リーグ戦24試合で勝ち点30を稼いだコーチ陣は、来季いっぱいまでの契約を勝ち取った。

ハラルド・ゲルトナー代表取締役は「とてもいい形でチームにプラスをもたらしてくれていると思う。チームとして成長したし、未来は明るいと考えている。2部で目標を達成することができるだろう」との評価を述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報