ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月23日

関根のデビューからわずか2日…インゴルシュタット、開幕3連敗で監督解任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MF関根貴大が所属するインゴルシュタットは22日、マイク・バルプルギス監督の解任をクラブ公式サイトで発表した。

 43歳のバルプルギス氏は2016年11月に、当時ブンデスリーガ1部で第10節終了時に8敗2分と低迷していたインゴルシュタットの指揮官に就任。初陣こそ白星で飾ったが、その後も立て直すことができず、チームは17位で2部降格を喫していた。今シーズンも続投したが、2部開幕から3連敗中でスタートダッシュに失敗し、クラブは解任を決断した。

 関根は今夏に浦和レッズからインゴルシュタットに加入。20日に行われたブンデスリーガ2部第3節レーゲンスブルク戦に途中出場し、ドイツデビューを飾ったばかりだった。

 なお、後任にはU-21チームで監督を務めていた39歳のシュテファン・ライトル氏が昇格。現役時代、2007年にインゴルシュタットに加入したライトル氏は、主将として長い間活躍し、2013年に同クラブで現役を引退していた。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報