Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月06日

ケルン左SB補強、若手2選手は移籍の方向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

koeln8-1452004635


既報通りケルンは、BATEよりフィリプ・ムラデノヴィッチを獲得した。移籍金額は140万ユーロで、契約期間は2019年まで。背番号は25。




SB:フィリプ・ムラデノヴィッチ

そんなに悩まなかったね。僕にとって素晴らしいオファーだった。ブンデスはビッグリーグに1つ。ケルンはいいステップアップだとおもうよ。まずはいい準備期間を過ごして、自分が持っているものを見せたい。そしてできるなら、すぐに先発に名を連ねられればとおもうよ。

ヘクターのことはわかっているし、良いクオリティを持った選手だ。でも公正な定位置争いは常に好影響をもたらすものだよ。


監督:シュテーガー
オフェンスに長所があり、センタリングの供給や自らシュートを放てる選手だ。バランスの良いチーム編成を通じて、継続した定位置争いによって成長しつづけていきたいとおもう。ムラデノヴィッチは決してヘクターのバックアップではない。左サイドなら前後でプレーが可能なのだ。


マネージャー:シュマッケ
国際経験豊富な左SBだ。今季はCLでも目立つ活躍を見せていた。彼が移籍を決断してくれて嬉しくおもうよ。


vl: Anthony Ujah (1. FC Koeln #9), Torschuetze Yannick Gerhardt (1. FC Koeln #31), Lucas Cueto (1. FC Koeln #32) und Bard Finne (1. FC Koeln #26) beim Torjubel nach dem Treffer zum 3:1 mit Tobias Fink (Fortuna Koeln #2) enttaeuscht Fortuna Koeln vs 1. FC Koeln --- Fussball --- Freundschaftsspiel --- 20.07.2014, Foto: Eibner


その一方でケルンでは、バルト・フィネとルーカス・クエトが移籍の流れとなっている。


フィネについては売却とレンタルの両方の可能性があり、代理人はブンデス2部と海外からの関心が寄せられていることを認めた。ノルウェーU21代表としては出場機会を得たいところだは、現在は思うような出場機会を得られていない。


さらに今季1度もメンバー入りを果たせていないクエトに対しても、フュルトやカイザースラウテルンといったブンデス2部のクラブからの関心が伝えられているところだ。U19代表との契約は今季いっぱいまで。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker