ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月10日

先発でアピールしたムラデノヴィッチ

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hamburger SV v 1. FC Koeln - Bundesliga


入団会見では、「可能ならば、すぐに先発出場したい」と宣言したフィリプ・ムラデノヴィッチ。初先発した1週間前に行われたヴォルフスブルク戦では後手に回り、まだ問題を抱えているところを露呈したのだが、しかし同じく左SBとして出場したハンブルク戦では、3バックを背景に赤巨的にオフェンスに参加。ダイナミックなSBとして危険な存在となっていた。


本来は左SBを本職とするセルビア人だが、テクニックとコンビネーションプレーに長ける24歳は、ウィンガーとしてもオプションとなる。


チームには同国出身のヨイッチも在籍しているムラデノヴィッチは、今冬に移籍金140万ユーロでBATEより加入、その際に指揮官は「オフェンスに長所があり、センタリングの供給や自らシュートを放てる選手だ」と評していた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報