Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月03日

モデストは打撲のみ、シャルケ戦に燃えるゲルハルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dienstag 01 03 2016 1 Bundesliga Saison 2015 2016 24 Spieltag in Ingolstadt FC Ingolstadt 04

前節のインゴルシュタット戦では同点ゴールを決めるも、その後に相手選手に頭部を蹴られ脳しんとうの疑いも持たれていたアンソニー・モデストが、検査の結果、打撲のみで済んでいたことが明らかとなった。そのため週末の出場が疑問視されている。


なおこの場面について「多くの選手たちがイエローだと思ったみたいだけど、でも僕は主審はよく見ていたと思う。」とフェアだったとの見方を示したヤニック・ゲルハルトは、試合について「全体をみれば満足できるけど、リードできるチャンスを活かせなかった」と悔しさをにじませている。


「いくつかのチャンスがありながら、それをフィニッシュまで持っていけなかった。最後のコンタクトでうまくいかなかったよ」


さらにこの試合では、「インゴルシュタットのサッカーにあわせてしまった」ことも反省。「僕としては、もっとフラットにプレーしたいんだ」との見方を示した。


なお週末の相手シャルケは、これまで3試合に出場して2得点1アシストを記録している縁起の良い相手だが「土曜日も同じようにチームの助けになれるといいね」と語った21歳のMFは、「それでこのタフな1週間を、いい形で締めくくれるよ」と意気込みを見せている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker