Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月14日

ビッテンコート出場停止で、大迫らにチャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2E6D0A85-5321-47CC-B42F-D327AEA26909

前節の終了間際に退場処分を受け、その後に3試合の出場停止処分を受けたレオナルド・ビッテンコート。


昨夏にハノーファーより加入し、主に左サイドとしてプレーしていたユース代表は、第24節まで無得点となったものの、その後にトップ下と起用されて3得点をマーク、後半戦のウィナーの一人となった。マネージャーのシュマッケ氏は「得点力についてはわかっていたし、戻りの動きが改善された。今季は大きな飛躍を遂げたよ」と評価。


だがそのビッテンコートを欠いてこれから3試合に臨むこととなり、代役候補としてシュマッケ氏は「マルセル・リッセは1つのオプションだ。常に全力を尽くし、タスクをそつなくこなしてくれる」とコメント。


ただその一方で「多くのオプションがある」とも述べており、トップチーム昇格をはたし、レバークーゼン戦ではブンデス初得点にまであと一歩だったマルセル・ハルテルの先発起用、またヤニック・ゲルハルトを前に上げてムラデノヴィッチをサイドに配置することも考えられるだろう。


それ以外の可能性としては、セカンドトップを配置する形でフィリップ・ホジナー、そしてテクニックに長ける大迫勇也を起用することもありえる。


前半戦では先発を務めていた大迫だが、開幕戦でのゴール以来得点から遠ざかり、ファンから厳しい声が浴びせられる結果に。それでも大迫への評価を口にしたシュテーガー監督だが、第22節で先発起用もハーフタイムで交代したのを最後に、その後はあまり出場機会を得られていない状況が続いているところだ。




先発予想

ホルン – リッセ, マロー, ハインツ, ヘクター – M. レーマン, フォクト – ツォラー, ゲルハルト, ムラデノヴィッチ – モデスト

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker