Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月21日

ソーレンセンが復帰へ

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1461154943

大腿筋の負傷により3週間の離脱を余儀なくされたフレデリク・ソーレンセンだが、火曜日から再びチーム練習参加をはたすこととなった。これにより週末での復帰も見えてきたことになる。シュテーガー監督は「負傷する前は素晴らしい状態にあったが、復帰後も高いレベルをキープできると思う」とコメント。


一時はCBの定位置を失った同選手だったが、バイエルン戦でのリベリへのプレーをはじめ、右SBとして活躍し出場機会の確保に成功していた。


果たしてCBと右SB、どちらの方がやりやすいのだろうか?


昨夏にユベントスから加入したソーレンセンは「僕は常に自分のことはセンターバックだと言っているよ」と返答。しかしそれと同時に「ただ右SBでもプレーできるし、どこでプレーしたって僕にとっては同じことなんだ」と語った。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker