ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月27日

ケルン、ナシメントとの契約を解消へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

来季は3ー4ー3システムで臨むため、5人目のセンターバックの獲得を目指しているケルンだが、ポルトガル1部CDトンデラにレンタル移籍していたブルーノ・ナシメント(25)は、その構想には入っていはいない。


マネージャーを務めるシュマッケ氏は、同選手との契約は2017年までとなっているものの「契約を解消することになりそうだ」とコメント。


2013年に移籍金70万ユーロで当時2部のケルンに加入した188cmのブラジル人は、後半戦13試合に出場したものの役割を得るにはいたらず、それ以降はレンタル移籍を繰り返している。


30 04 2016 Hannover Fussball Fußball Bundesliga Saison 2015 2016 HDI Arena 32 Spieltag Hannov その一方でケルンは、2部に降格したハノーファーから、サリフ・サネの獲得を目指しているところだが、ハノーファーでマネージャーを務めるバーダー氏は「移籍金1000万ユーロ」で売却を検討する考えを発言した。


これに対してケルン側が用意する金額は350万ユーロ。シュマッケ氏は、ハノーファーが「いつかはアクセプトしなくてはならないときがくる。我々はまだ諦めてはいない」との見方を示したが、サネ以外のオプションについても模索していくことになる。


imageなお一度は例外条項の行使をめざすも、書類上の問題により移籍が実現しなかったFWアンソニー・モデストについては、ケルンは契約の更新を目指す一方で「夏季休暇が始まる前には話し合うことになるが、7月1日の練習開始時にはモデストは参加していると思うよ」と、特に慌てることはなく交渉を行っていく考えを示した。