ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月25日

いきなり古巣と対戦のラウシュ「手強さはわかっている」

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

水曜日の練習では休養を与えられたコンスタンティン・ラウシュ。背中に問題を抱えている同選手だが、シュテーガー監督は「特に問題はないよ。土曜日の試合では危惧していないさ」と語った。


その相手ダルムシュタットは、ラウシュが昨シーズンにプレーしたまさに古巣であり、「新加入の選手がどう溶け込むかみてみないと。でも僕の経験からいって、どれだけ厄介な相手かはわかるよ」とラウシュは警告。「多くの新加入の選手がいるとはいえ、似たタイプの選手たちだ。」との見方を示し、また得点力もある主将スルの欠場は「痛いだろうね」と述べている。


なおシュテーガー監督はこの夏に、3ー5ー2システムもオプションに加えるよう取り組んできたが、今回の試合については「確実に4バックでプレーすることになるね」と断言した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報