Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月30日

ハインツのベンチスタートは「選手層の厚さ」から

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ダルムシュタットとの開幕戦では、昨季CBとしてチームの主力を担ったドミニク・ハインツが先発メンバーから外れていた。その理由について、シュテーガー監督は「オルコウスキだって、昨季より状態がいいが先発から外れている」と説明。あくまで激しい定位置争いによるものであり、「マフライが絶好調なんだ」と言葉を続けている。


「そもそもポカールの前から、あの試合が開幕戦の先発の基準にはならないことは話している」その言葉通り、ポカールではむしろマローの方が安定感を欠いていたのだが、「この数週間」で行われた強豪チームとのテストマッチでの印象が、今回の決断へと至った模様。「選手層は厚いし、4人のCBはともにプレーするチャンスはある」と指揮官は語った。


マローの肋骨骨折も含めて選手起用のみならず、スリーバックなどシステムの変更の可能性もあるだろう。シュテーガー監督は「ヴォルフスブルクはレベルの違う相手だ。まるで違う選手を使う可能性だってある」とコメント。「ダルムシュタットでもサプライズはあったわけだしね。ただこの試合で勝っていなければ、今とは違う議論が起こっていたはずさ。ただ我々はベストの選手をピッチに送り出すだけなんだけどね」との考えを述べている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker