ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月20日

「ブンデスリーガーになって、CLも経験した」シャルケ戦に臨むへガー

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

day0} 09 2016 Kˆln Deutschland 1 Fuflball Bundesliga 1 FC Kˆln SC Freiburg Kˆlns Marco Hˆger
今夏にシャルケからケルンに加入したマルコ・へガー。古巣とのつながりについて、同選手は「切れてはいないさ。まだつながりはあるよ」と述べ、「シャルケではブンデスリーガーとなり、チャンピオンズリーグ、そしてヨーロッパリーグでもプレーした。5年間在籍していたんだよ」と語った。

だが今回は、その地ゲルゼンキルヒェンにて、相手選手として初めて臨むことになる。

先週金曜に27歳になった、ケルン出身のMFは「もしもシャルケと敵として戦うなら、ケルンの選手としてが一番よかったさ。ここでプレーすることは1つの夢だったからね」と説明し、「シャルケには感謝しているし、あそこでプレーしていたことは誇りだ。でもケルンにいてとても嬉しいよ」と喜びを見せた。

そのケルンは、開幕から3試合で無敗、失点はまだ1つも記録せずに勝ち点は7だ。「いいスタートだよね」とへガー。一方のシャルケはどうか?ここまで3試合で全敗、得点はまだ1つも記録できていない状況にあるが「でも彼らは、追い込まれた時に常に力を発揮してきた。」と警戒心をみせており、昨季の2試合ではともにケルンが勝利したが「選手がたくさん入れ替わっているし、参考にはならないさ」との見方も示している。

ただその一方で「ああいうスタートだったからね。彼らは勝ち点を取らなくてはならないし、そうじゃなくては問題を抱えることになると思って臨んでくるだろう」ともコメント。それでも同情の気持ちは抱いてなく「それを口にするならおかしな話だ」とへガーは言葉を続けた。

「シャルケは相手であって、僕たちが勝ち点差7をつけているのはいいことだよ」

もちろん、さらにそれを10に伸ばせればさらにいいことだろう。しかしへガーはその言葉を口にしようとはしなかった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報