Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月20日

大迫勇也がケルンとの契約を2020年まで延長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1476964794
大迫勇也が、今季までとなっていたFCケルンとの契約を2020年まで延長した。

2014年夏に、2部1860ミュンヘンから加入した同選手は、テクニックに長けた攻撃的プレーヤーだが、しかし加入から2シーズンは納得させられるようなパフォーマンスを見せることができていない。

しかし3シーズン目となった今季は、ここまで2得点3アシスト、kicker採点平均では2.67と好成績をマークしていおり、今回の契約延長はまさに理にかなった結論だといえるだろう。

今季から得意とするFWでプレーしている大迫は、ケルンとの3年契約にサイン。シュテーガー監督は「マネージャーのシュマッケ氏がうまく成功してくれてとても嬉しいよ。重要な選手の一人と複数年契約を結ぶことに成功したんだ」と喜びを見せ、「クラブにとってもこれは1つのさらなる前進だ。この数ヶ月間、継続して契約延長に成功しているね。クラブにとってもさらなる成長のためにも、非常に重要なことだよ」との考えを示している。

特にシュテーガー監督とシュマッケ氏は、大迫が苦しい状況にあっても常に信頼を口にし続けており、「彼も我々からの信頼をわかっているよ」とコメント、「勇也はここで更なる進化を遂げることになるだろう」と期待を寄せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker