Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月20日

今季好スタートの大迫勇也、ケルンとの契約を延長! 2020年6月末まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルンは20日、FW大迫勇也との契約を2020年6月30日まで延長したと発表した。

契約延長にあたって大迫は「自分はチームの中に居場所を見つけました。今はチームとしてうまくプレーできていると思います。それが、契約延長の主な理由です。ケルンはドイツの中でも素晴らしいクラブです。家族と一緒にここでとても幸せに過ごしています。このクラブでプレーを続けることができて嬉しいです」とコメントしている。

大迫は1990年生まれの26歳。2009年に鹿児島城西高校から鹿島アントラーズに加入した。2013年にはJ1リーグで19ゴールを挙げ、2014年1月から1860ミュンヘンに所属。同年のブラジル・ワールドカップに出場し、2014-15シーズンからケルンでプレーしている。


昨シーズンはブンデスリーガで25試合に出場(先発は14試合)したものの、1ゴールにとどまった大迫。ケルン加入3年目の今シーズンは第7節終了時点で全試合に出場(先発は6試合)して2ゴールを挙げる活躍で、7戦無敗で2位につけるケルンの躍進に貢献している。

ケルンは次節、22日に日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンと対戦。契約延長後の初戦、大迫のゴールに期待がかかる。

きんg 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker