Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月26日

ケルン、大迫勇也を欠いてポカール2回戦へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

st__ger800-1477404022
水曜日にポカール2回戦ホッフェンハイム戦が控えているFCケルン。ポカールの試合としては、実に6年ぶりとなるホームでの開催だが、先日負傷が伝えられたレオナルド・ビッテンコートに加え、大迫勇也も欠場する可能性がでてきた。

週末に行われたケルン戦で前半で交代していた同選手は、その際に筋肉系の問題を訴えており、シュテーガー監督は悪化のリスクを避けたい考えを示している。「しっかりと回復できるか、見てみることになるよ」

ただし日曜日に行われるハンブルク戦までには、大迫の復調は特に問題はないようだ。

もしも大迫が欠場した場合オプションとなるのは、開幕戦でモデストとともに2トップを組んだアルチョムス・ルドネフスや、ビッテンコートの離脱で左ウィングとしても出場の可能性があるジモン・ツォラー、そしてモデストを兄のように慕う同国フランス出身のセルー・ギラシが候補ということになるだろう。

週末のベルリン戦では上位対決に敗れる結果となったが、「チームに対して批判してはいけない。こういう試合からでも、我々は立ち上がることができる」と選手の奮起を期待。特にこの試合ではティモ・ホルンが好セーブを連発していたが、「ホルンは見事なプレーをみせてくれた。ただ一番失望しているよ。彼にとってベストマッチだったのだが、しかし負けてしまったからね」と語った。

なお今節対戦するホッフェンハイムは、ナーゲルスマン監督以来、好調な戦いを続けているが、シュテーガー監督は「彼らは高いクオリティをもったいい選手がいるからね」と述べ、「浮上は時間の問題だったよ。とても安定したチームだ」との見方を示している。

【先発予想】
ホルン – ソーレンセン, マフライ, ハインツ, J. ヘクター – へガー, M. レーマン – リッセ, ラウシュ – 大迫勇也, モデスト


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker