Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月29日

マルコ・ヘガーが膝を打撲

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたアウグスブルク戦で、前半のうちに膝の打撲のために交代を余儀なくされていたマルコ・ヘガー。

好調ケルンにあって、中盤を支えるMFの負傷に大きな不安がよぎったが、しかし長期離脱の恐れがないことがシュテーガー監督の口から明かされている。

「とても痛々しいものではあったが、決してひどいものではなかったよ。しかし激しい試合の中では、あれ以上プレーすることはできなかった。しかしホッフェンハイム戦ではいけるだろう」

そして週初めには「金曜日にもっとわかると思う。それまでは何にもわからない。いつ痛みがなくなるかなんとも言えないよ。それまで練習できない。それまでは練習できないよ」と述べた。

しかし「骨折はしていない」ことを強調。「軽く腫れているんだ。木曜と金曜の様子をみてみないとね」と言葉を続けている。

この試合では主将のレーマンが欠場し、より攻撃的なドイツ代表ヘクターとダブルボランチを形成したヘガーだったが、この試合ではより守備的な役割を担っていたものの、そつなくこなし改めてチーム内での存在感を示す結果となった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker