ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月22日

モデストに中国から巨額のオファー

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4064
今季ここまで17得点をマークする活躍を見せているアンソニー・モデストに対し、中国から巨額のオファーが届いていることが明らかとなったのだが、しかしながらマネージャーのシュマッケ氏は売却に応じる考えがないことを強調した。

確かに欧州での移籍市場は閉幕したが、中国は2月末日まで獲得が可能となっており、伝えられるところによれば28歳のフランス人獲得への移籍金額は、4000万ユーロにまでのぼるという。

だがこれほどのオファーに対しても、シュマッケ氏は「我々のスタンスに代わりはない。シーズンの目標を金銭によって変更するようなことはしない。たとえそれがいかに巨額なものであったとしても」とkickerに対して語った。「うちには、限界値は特に設定していない」

特に移籍に応じられない理由としては、前述の通り移籍市場の閉幕から売却後の穴埋めができないことが挙げられ、今冬ではリッセの負傷にたいしてクレメンス獲得を行なったものの、先日はビッテンコートの長期離脱も伝えられたばかりだ。

そのため2月のモデスト売却は現実的とはいえないだろうが、しかしそれでも今夏には再び中国との結びつきがクローズアップされる可能性はあるだろう。

なお週末の試合では左肩を負傷した同選手だが、「昨日よりは明らかに痛みがかるくなった」ことがクラブ側よりあかされており、土曜日のライプツィヒ戦では引き続き先発出場することができるはずだ。

ここまでモデストは、ドルトムントのオーバメヤンとならび、17得点で得点ランク首位にたっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報