ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月02日

ケルン守護神ホルンが順調に回復も「まだ我慢」

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4246
負傷からの復帰をめざし、精力的にGKトレーニングを行う姿がみられているティモ・ホルン。しかしペーター・シュテーガー監督は、まだ我慢を要するとの考えを示した。

昨夏にリオ五輪にて銀メダルを獲得し、順調なシーズンを過ごすも、11月から半月板の損傷により離脱が続いているホルン。現在はGKコーチとともに特別メニューをこなしており、指揮官は「誰だって一刻も早く戦線復帰したいと願うものさ」とコメント。

「だがリスクをおかすことに意味はないよ。そうするくらいなら、1週間さらに様子をみることを我々なら選択するね」と言葉を続けている。

今冬には、「戻ってくる時には欧州リーグ出場圏内にいてほしい」と語っていたホルンだが、いまだ復帰時期については具体的には見えておらず、次節のバイエルン戦のみならず、その後のインゴルシュタット戦でも欠場はつづくことだろう。

なおケルンはその7位につけているものの、最近のリーグ戦3試合では1分2敗、レヴァークーゼンやフライブルクに勝ち点差3に迫られているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報